カラーメイトについて

 

「しきかく学習カラーメイト」とは

 

 わたしたち「しきかく学習カラーメイト」は、大分を中心とする教員や元教員の集まりです。
 2016年10月に、第1回の会合を開きました。
 それは、「色覚問題の正しい理解をうながすリーフレットを作成しよう」という目的での集まりでした。ワイワイがやがや紆余曲折を繰り返して原案の「三ツ折リーフレット」は12ページのマンガ冊子「はじめて色覚にであう本」となって2017年3月に完成しました。
 これは、とても自由な「集まり」です。「会」やサークルという発想もありません。極端に言えばその名称なども不要ではないかと考えました。しかし、本の発行元として責任の所在を連絡先とともに明らかにしなければならないため名称をつけました。
 しきかく学習カラーメイト・・・色覚を学習する「カラーメイト(=色の仲間)」が名称です。さらに、本は大分だけでなく全国で使ってもらいたい、活動の輪を広げたいという思いがあるため「大分」という言葉も入れていません。
 ですから会員という定義も設けていません。会費などもありません。仲間として、必要なときに自由に集まるだけです。本作成やその活用を通じて学習する人の集まりです。広報宣伝活動も行っていきますが、参加する方は名前を公表してもしなくてもかまいません。ちょっとでも学習に参加していただいた方は「カラーメイト」を名乗っていただいてかまいません。
 「カラーメイト」の運営費はゼロです。冊子等の発行そのものに関しては金銭授受も係わってきますので、「代表」また「発行責任者」として発起人の尾家宏昭の名前と専用メールアドレスを必要に応じて使用します。
 趣旨に賛同する人も募集しています。大分から遠方の方でも、メールで連絡を取り合ったりしての学習でもかまいません。お気軽にご連絡ください。